WB工法

夏と冬で住まい方が自動で変わる。
形状記憶の開閉装置と透湿クロスが守る住み心地。

1.透湿クロス

WB工法の真髄となる透湿クロス。
一般的なビニルクロスとは違い湿気を通す壁紙を使用する。

壁紙が湿気を排出するので、壁全体が換気口のような働きをする。

湿気だけでなく有害な揮発成分(ホルムアルデヒド等)を排出できシックハウスが解消できる。

湿気が壁内にこもらないので、構造躯体が長持ちします。

2.できるだけ電力を使用しないために

WB工法は、夏は自然におこる上昇気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで、冷暖房に使う電力を出来るだけ減らせるよう工夫しております。

また、夏と冬の切り替えを行う際に必要となる換気口の開閉も電力を使用しないよう、熱感知式形状記憶合金を採用しております。

自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要な仕組みです。

3.空気環境について

人間は、気管支呼吸皮膚呼吸をして生きています。気管支呼吸は空気を体内に取り込み、皮膚呼吸は汗を出すことで老廃物を出し、体温を調節しています。

その人間が家に住むわけですから、家も人と同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。

気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出する。この二つの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境を造りだします。

お問い合わせフォームはこちらから 24時間受付中!お家づくりのこと、素材のことなど、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ 078-591-3100 スマートフォンの方は、タップすると電話がかかります