神戸市T様邸 棟上げ

神戸市垂水区にて棟上げを行う。

今回は50坪を超え、前面道路の状況や材料の仮置きができないという
諸条件から二日間に渡る棟上げ。

早朝は肌寒く長袖に温かい缶コーヒーを持参し軽く打合せ。
そして昼過ぎになると半袖でも汗をかく。

棟梁曰く、「体が動いて一番良い気温」とのこと。
秋口の棟上げは気持ちがいい。

img_4234img_4274 img_4303img_4317 img_4358

 

一日目は順調に終了。

雨の予報はなかったが、不意の夕立が心配とのことでブルーシートでしっかりと養生。
棟梁の細やかな配慮がありがたい。

img_4424

 

そして、二日目。

天候にも恵まれ順調に施工が進めば一層目の屋根下地まで完了する。

img_4437img_4449img_4490

 

 

 

 

 

 

img_4501img_4509img_4527

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、棟木という構造材の中で一番高いところに施工される材料を
記念に叩いて頂くイベントをよく行わせて頂く。

今回も安全に配慮し小屋裏に床を設け、叩いて頂きました。

 

img_4479

写真からもウキウキ感が伝わります。

弊社で施工の際、皆さんもいかがでしょうか。

※勾配天井等で安全を確保出来かねる場合は
お断りさせて頂くこともあります。

これから屋根の仕舞い(雨仕舞い)・外部仕舞い・断熱工事と続き
気の抜けない工事が続きますが、危険を伴う棟上げ工事は無事故で終了し、棟梁方に感謝。

断熱工事の際、気密を確保する為のコツがいくつかありますが
詳しくは、構造見学会にてお話させて頂きます。

構造見学会のお申込みはコチラ

NK建築工房がご提供する、住み心地の根幹を担う構造材を
直接ご確認頂ける絶好の機会となります。
是非お越し下さい。

岩城直樹