神戸市T様邸 基礎工事 | NK建築工房株式会社

神戸市T様邸 基礎工事

神戸市T様邸にて基礎工事が終盤に差し掛かっている。

まずは掘り方。
img_3671img_3682

配置図を元に基礎のベース施工の為に掘削作業を行っていく。

そして、防湿層の施工。

5361

地中の湿気が床下空間に侵入しないように防湿シートを施工する。
これにより床下の湿度が守られる。

とはいえコンクリート自身の放湿は一年間以上続くので
床下の換気もしっかりと意識を持って行うことが重要となる。

湿度は日本で建築する際に切っても切り離せない重要なファクターであり
上手くコントロールすることで良い住み心地が得られる。

断熱や気密の数値だけを追い求めても決して良い住み心地は得られない。

そして、配筋の施工。
構造検査を元に作成した図面通りに配置され組み上げられていく。

img_3942

高基礎部分の取合いに苦戦しつつも施工が進む。

 
基礎用断熱材も搬入されいよいよコンクリートの打設に移る。

img_3945

基礎工事も中盤、しっかりと施工管理を行っていく。

雨天が多く、工程が思うように進みませんが
天候には勝てず。。

晴れを祈るばかりです。

岩城直樹