神戸市T様邸 基礎工事 防湿層施工

神戸市T様邸の基礎工事が進んでいる。

基礎を狂い無く施工するために、捨てコンクリート打設と呼ばれる工事を行う。
この工程はで、土に線を引けないので墨がしっかりと書けるコンクリートを施工する。

それと同時に、防湿層と呼ばれる地中の湿度を床下に上げないようにする施工を行う。
ビニールを敷き込み、捨てコンクリートで蓋をするイメージ。

施工すると、さっそく結露が発生する。

この工程がなければ、床下が常に高湿になり構造材も傷みやすくカビの進行が激しくなる。

すぐに鉄筋が施工されるため、マジマジと見ることはない風景ですが大事な工程です。

岩城直樹