断熱材について

断熱材の仕様については日々色々なご質問を頂く。

弊社ではグラスウールを使用することは一切なく、
標準仕様は屋根・壁・基礎全て、押出式ポリスチレンフォームと呼ばれる素材。
簡単に言うと、畳ぐらいの大きさの板状のもので、素材感は重い発砲スチロールのような物。

それと木造の構造躯体の外側に貼っていく、外断熱を標準仕様としている。
今年の3月に竣工した弊社の設計士宅も当然のことながら
外断熱と第一種全熱交換換気システムを採用している。

「夏涼しく、冬暖かい」
どこにでもある、ありふれたキャッチフレーズだが
弊社の工法はこの住み心地に対して大きく特化している。

実際にお越し頂いてご自身の肌で感じて頂くのが一番なのですが
ここで一つのデータをご紹介したい。

設計士の自宅は二世帯住宅、家中どこでも涼しい空間である。

これは外断熱の効果と超高気密の施工品質。
エアコンの冷気を無駄に排出することがない
第一種全熱交換換気システムが基盤にあるから。

そこで高気密・高断熱を実証すべく、今年8月
一か月間限定でエアコンを24時間稼働してみた。
前提として、設定温度は少し高めの27度にしエアコンの電源はつけたまま。
それ以外は一切細工無し。

二世帯住宅なので、通常のお住まいに比べると倍になってしまうが、、
一度もエアコンを使わなかった7月と比べて約8千円。

一世帯当たり4000円程度で家中どこでも同じ温度。
そして換気システムの効果で湿度も低くサラッとした空間になる。

肝心の住み心地は「めちゃくちゃ快適」とのこと。

この効果を4000円で手に入れるかどうか。
実際にお越し頂けるといいのですが、もう真夏の時期は
終わってしまったので、次は寒い時期にお越し頂きたい。

暖房の使い始めはいつからなのか、どれほど温かいのか。
ぜひともご自身の肌で感じて頂けると嬉しい限りです。

岩城直樹