墨出し

今回は、墨だしと言われる作業について。

現在進行しているマンションリフォームだけでなく、木造住宅でも頻繁に行う作業の一つ。
どの位置に壁を設けるか、棚を取り付けるか、その為に下地の木材はどこに施工すればいいのか?
などのしるしをつける作業を指す。

大工の最初に行う工程であり、これが狂うと全てが台無しになる。
しっかりと図面を確認し、墨出しを行えば図面通りの家が出来上がる。

ほぼ例外なく、腕の良い大工はこの工程がスムーズで淀みがない。
的確に図面の急所を突き、設計士に質問を投げかける。

また、古いマンションでは鉄筋コンクリートの床や壁が真っすぐに施工されていることはない。
※とはいえほんの少し傾いているのが普通であり、欠陥工事ではないのでご安心を。

その壁を基準に墨付けを行うと全体的に傾いた壁が出来てしまうので
垂直方向や並行に狂いなく赤い光を放つ機械を用いて墨付けを行う。

映画の007で出てきそうなレーサー光線が棟梁の足や壁に映っているのがご確認頂けるだろうか。
この光は、傾きがなく平行に走っているので、それを基準として墨付けを行い、作業をより正確なモノにしている。

基本を疎かにせず、一つずつ確実にこなしていく。
どの業界でも同じですが、良い仕事をする為に最低限必要なことですね。

岩城直樹