冬の結露

今年も本格的な結露シーズンに入った。

例年通り大寒前後が一番の冷え込みになり、窓廻りの水滴と日々の格闘が始まる。

築20年のマンションの窓です。
シングルガラスの為、結露が酷い。。

頭の上から足元まである掃出し窓なので、外気が氷点下近くまで下がると
窓二枚で結露用のワイパーが一杯に。

そして、ガラス部分だけでなくサッシ枠もアルミ製の為、
おびただしい結露が!

実はガラスの結露よりもこちらのほうが怖い。
サッシ枠の結露は目に見えている部分だけとは限らない。

壁の内側にも結露が発生している可能性があり
それが壁体内結露と言われる現象の一部になる。

もしお住まいの断熱材がグラスウールだと壁体内結露で
発生した水分がグラスウールに付着。

グラスウールは濡れると乾かない性質を持っており
乾かずにカビの温床になる可能性があります。

最低限、部屋の内側は樹脂もしくは木製枠のサッシを採用しましょう!

マンションでサッシ枠の交換が出来ない方には
内窓を施工し空気層を設けて結露を防ぐ方法もあります。

施工は一日で終了するので、ご家族の負担も少なく
何よりも暖かくなります。

窓から熱が外に逃げるのは日々生活されていて感じられているかと思いますが
その数値は実に50%近くになる。
逆に窓さえ断熱できれば、今よりも確実に暖かいお住まいになり
尚且つ結露も防げます。

一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

ちなみにNK建築の新築工事では
当然ですが樹脂サッシが標準です。

岩城直樹