三木市A様邸 解体工事

三木市にて木造戸建て住宅の新築工事が始まります。

着工前に、長くお住まいになられた軽量鉄骨住宅の解体を行いました。
採用されていた断熱材はグラスウール。

解体してみると萎んで黒ずんだグラスウールが現れる。

DSC_0509

いつもの光景ですが、、これでは断熱の効果が得られない。

北側の部屋は「シベリア」と言っておられたことを思い出し
この状態であれば無理もないことだと感じる。

ともあれ職人さんのキビキビとした作業により、二週間ほどで更地に。

地盤調査を行い、問題がなければいよいよ着工となります。

岩城直樹
DSC_0665